紫尾温泉「四季の杜・紫尾庵」 3分バージョン

湯治場の雰囲気を残した紫尾温泉郷にひっそりと佇む湯宿「紫尾庵」。

動画を見る


温泉

客室

料理

館内施設のご案内

アクセスマップ

紫尾温泉「四季の杜・紫尾庵」
住所:〒895-2103 鹿児島県薩摩郡さつま町紫尾1663
電話番号:0996-31-9270

湯治場の雰囲気を残した紫尾温泉郷にひっそりと佇む湯宿「紫尾庵」。
紫尾神社の拝殿の下から湧き出すことから“神の湯”と呼ばれる温泉は、
ぬるりとした肌ざわりが特長の特効アルカリ泉。
湯上りは肌がしっとりと潤い、女性に嬉しい美肌効果が期待できる。
ほんのり漂う硫黄の香りと、どこか神秘的なエメラルドグリーンの湯に包まれて、
心ゆくまで湯浴みを愉しもう。
湯上りには温泉で渋抜きした名物「あおし柿」を堪能あれ。

緑、水、花、鳥、動物と、紫尾山のふもとには多くの大自然の恵みがあふれ、
四季折々の風情を感じることができる。春は桜や夜星川のホタル、
夏は青葉、秋は紅葉、冬は樹氷と、いつ訪れても新たな魅力を発見できる。
6つの離れで構成された客室は、川の瀬音が心地いい「せせらぎ」や
小鳥の声で目覚める「さえずり」、季節にはホタルの光が舞う「ほたる」など、
3つのタイプに別れ、それぞれにゆったりと穏やかな時間が流れている。

食事は、厳選された地元の食材や、山、川、海と恵まれた土地だからこそ
味わえる旬の食材を、手間隙かけて目にも鮮やかな料理に仕上げた
創作懐石料理。遠くから足を運んだゲストにぜひ味わってもらいたい。
献立は月替わりで、前菜から水菓子まで、四季を感じる逸品が並ぶ。
個室の食事処で周りに気兼ねすることもなく、温かいものは温かいうちに、
冷たいものは冷たいうちに、最も美味しいタイミングでいただけるのも嬉しい。

  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.