「ついつい、、口にする」  中島りか

2014年06月02日

DSCN0171

こんにちは、1ヶ月って早いですね。つい先日書いたと思ったのに、もう6月2日、、。

このアッとゆう間が重なって、ドンドンと中年街道をのぼっていくのです、元気にね!

さて私、司会業を20数年やっておりますが、同時に10数年に及んでいるのが、三味線と民謡、おかげさまでわずかながら、私についてきてくださる生徒様ももつことができました。

暇さえあれば、三味線、迷惑なぐらいのでかい声で家でも車の中でも民謡の練習を重ねに重ねた時期もありました。

身についてしまうといえば、そうなんですが、、、。今では、なぜか、かごしまのいろいろな風景をみると、「ここに合うのは、この民謡~^^」と頭の中で唄ってしまうのです。

たとえば、皆様お馴染みの鹿児島市の景勝地、城山展望台、、、。

桜島(S)

ここではこんな民謡が・・・・・かごしま~~~港に~入船~出船~(トコヨーイヤサッサッ)見~ゆ~る~桜島ぁあぁ~ヤサホイのみかん船、トカヨ~イヤサッ~サッ・・・BY鹿児島浜節。そうです、、声をゆらしながらの唄が響くのです。

民謡には、懐かしいふるさとの原風景と、受け継がれてきた、営みがあります。

きっと、私をとらえて離さないのは、重ねられているその穏やかな時間なのだと思います。

おはら節と、はんや節の他にも各地に素敵な民謡がありますよ!

  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.