「焼酎王国に入る第九回〜つまりは縁」和田博温

2015年04月13日

酒で繋がる「縁」は、おおかたが酒場で結ぶ縁。

住んでいる場所や職場という縁が、飲み屋で広がるのが一般的でしょう。

さて、地縁血縁仕事縁とはまったく別の「選択」できる縁が生まれたのはさすがにネット時代です。

 

SNSなどネットでは友人を「選択」してバーチャルからリアルな縁に繋いで行くことができます。その選択縁が、共通の縁で結ばれる酒場をポータルサイトとして広がって行く。

本格焼酎のファン、日本酒のファン、そしてそれを造る方々、熱い想いをもつ人たちは立場を超えてつながり拡充してゆきます。本格焼酎が十数年前にブームとなったときも、そして今の「日本酒ブーム」も同じ構造です。情報の共有に時間と場所の制限がありませんからね。

 

生産者がどれだけの発信をおこなうか、流通もそして業務店も同じですが、自分の(あるいは会社の)こだわりをどう熱く伝えてゆくかという姿勢にはエンドユーザーは発信者とおなじカロリーで反応するものです。

大会社のマーケティングにはないレスポンスがあります。

 

先日の鹿児島でお会いした焼酎杜氏さんがたの熱さとその成果物(焼酎ですね^^)、そして彼らの生き方(思いと行動)に感銘をいただきましたが、そこにもメディアとしてのSNSがありました。

あえて言えばパーソナルインフルエンス(此れが一番強力)メディアといえるFBは、これまでの常識を変える強い力をもっていると実感したのでした。

 

 

余計なことですが、拙著もFBで拡販していただいているようです。

また、四月に刊行された唎酒師の葉石かおりさん著『うまい日本酒の選び方』(えい出版)、五月に出版予定の調所一郎氏著『刀と日本語(仮)』(里文出版)の挿し絵を担当させていただけたのも、遡ればネットでの縁が最初にありました。

まことに、燗謝燗激です。

20150413葉石本

 
 
 
 
 
 
 

20150413調所本

 
  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.