「江口蓬莱」 後夷 友絵

2014年11月20日

こんにちは

めっきり、寒くなってきましたね。

 

今回は江口の蓬莱に少し触れてみたいと思います。

P1050276P1050278

 

 

 

 

270号線沿いのちょうど海が見えて山側にシラスの崖みたいなのを

江口蓬莱(ほうらい)といいます。

 

 

以前に地質などを専門にされている教授に教えて頂いた事があるのですが・・

詳しい所ははっきり思い出せないのですが(残念)、この蓬莱はかなり昔に、

桜島では無く霧島連山系の火山の噴火で出来たものだそうです。

 

主人もですが主人の父も串木野で育ち、マグロ船の機関長をしていました。

串木野はマグロの漁で盛んな港で

父もマグロ船で漁に長く出て、東シナ海へ入って串木野の港へ帰る時に

江口の蓬莱がかなり目印になっていた話を聞いた事があります。

P1050279

  

   江口蓬莱館(江口漁協が運営している物産館)も

   名前の由来は蓬莱からきているそうです。

 

 

 

日頃サーファーは波待ちする時は沖を見ているので、蓬莱を背にし、

波に乗る時は蓬莱を見ながら早朝だと蓬莱の切れ間から朝日が昇って眩しいのですが

中々見れない絶景です。

 

P1050238

 

 

 

 

 

そして少し風をかわしてくれたり、自然にいつも近くにあるもので

あまり昔は気にしていなかったのですが、ここ数年はあの時教授に教えて頂いた事、

もっとちゃんと覚えていたらと少し後悔しています。


災害などでこの景色が変わらず、江口浜のシンボルであり続ける事を願って・・


TOMOE

 

 

 

 

  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.