あと一歩の悲劇

2014年07月19日

西日本プロレスでの総合格闘技の試合を数試合過ぎたある日、プロレスへの登竜門マッチの話が浮上。

先輩レスラー5人、一人一人テストマッチとの事。つまり、プロレスラーデビューへの最終試験でした。

ただでさえ、月に数試合有るかな無いかの状況で、数少ないチャンスでした。

いよいよ試合日程も決まり、夢あと一歩。

 

画像 073

 

 

 

 

 

1999年2月1日深夜、仕事で移動中の突然の事でした。

目の前に立ちふさがった、数10トンの荷を積んだけん引トレーラー。そして、地面を叩きつけながら突っ込んで来る、けん引シャフト。

想像を絶する現実が、僕と家族を襲うこととなります。

当時臨月の妻を助手席に、愛犬と共に、一本が長さ15m、重さ3トン程のコンクリートパイルが9本、衝突後落下。

僕らは車内に閉じ込められ、車体はスクラップ状態。

、、、一瞬の事でした。

目の前に広がる、信じられない光景。

体全体が挟まれて、圧し掛かる経験した事無いほどの重圧感。

血だらけの妻の姿、お腹の中の赤ちゃん、、、。

レスキュー隊に救出された僕らは、命は頂くことが出来ましたが、夫婦共に大怪我、入院となりました。

そして、事故の10日後に長女出産。

妻は56針と言う顔の手術を乗り越えて、元気な女の子を産んでくれました!

 

KIMG0685 KIMG0684

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局僕は、六軟骨圧迫骨折、頚椎、胸椎、腰椎損傷、ほか、、、。

登竜門マッチは消滅、、、その後のプロレス活動自体が不能な事態となってしましました。

夢を目の前に、家族を襲った悲劇、、、そして奇跡。

これからプロレスラーへの道第二章、不屈な復活劇が始まります!

続きは次回で!

  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.