「第3回 日置地区大会」無事に終了しました~。

2014年07月20日

こんにちは。
九州南部梅雨明けしましたね。
梅雨明けした途端に夏空ですね~。

今回は先日7/13(日)に日置市江口浜海岸で行われました
「第3回 日置地区大会」の事をみなさんへ報告したいと思います。

      SNP_0001P1010920

 

 

 

 

 

 

今年で3回目を迎えるこの大会は、日置市サーフィン協会、いちき串木野サーフィン協会主催で行われている大会ですが、
もとは5年前に日置市の体育協会に加盟し立ち上がったのが「日置市サーフィン協会」で、
その後いちき串木野も市の体育協会へ加盟して「いちき串木野サーフィン協会」が設立されました。

そもそも協会が立ち上がった目的はといいますと、
日置市にサーフィンカルチャーが誕生し、すでに30年以上が経過しており、
県内でも有数のメジャーサーフィンスポットとなっている江口浜。
この大切な江口浜(吹上浜一帯)そして、鹿児島のサーフスポット全体を後世に残し、
次世代を担う青少年たちをはじめ全ての人々に自然との体験を通じて活動としては、
ビーチクリーン、サーフィンクリニック、心肺蘇生法、大会の開催・運営、各種大会への積極的な参加、
サーフィン競技のスポーツとしての社会的地位向上を目指し、
また、大会を通じてサーフィン協会の発展と愛好者との交流を深め、
更には、県民体育大会の開催並びに県・地区体育協会への加入の為にと行っているものです。

昨年から薩摩川内市も組織化に向け、オブザーバー参加しておりましたが、
今年は更に、協会を今後立ち上げる準備をしている奄美在住の碇山勇生プロが奄美市代表3名を引き連れ参加。
韓国釜山よりKSA(KOREA SURFING ASSOCIATION)から6名の愛好者が参加し大いに盛り上がる大会となりました。
(釜山もサーフィンの歴史が浅く、大会の運営や組織に興味を持ち視察も兼ねての参加)

太平洋側と違ってこの東シナ海のもっともメインのシーズンとなるこの時期に大会を開催し今年は前日まで波が厳しい状況でしたが
当日はとても良いとは言えないコンディションの中、選手個人がそれぞれに熱い戦いを見せてくれました。

L_006M_040

 

 

 

 

 

 

 

この地区大会は個人の成績はもちろんですが、それぞれの地域の総合得点で地域の総合の勝敗を決めるという事もあって
選手が一丸となって個々の事だけではなくそれぞれの地域を応援し、皆が一つになれるという点が個人主義になりがちな
サーフィンというスポーツを、団体になることによって社会性を生んでいき、
多くの人へ認知されていく事に繋がればと思っています。

ACCC_0066          

     総合優勝は 日置市!

     2位 いちき串木野市

     3位 薩摩川内市

 

 

 

現在、協会が立ち上がっているのは、屋久島、種子島西之表、種子島南種子、日置市、いちき串木野市と
鹿児島県の中ではまだまだと、今後協会が県レベルになっていく事が大きな目標であり、
興味がある地域の人は是非、連絡頂ければ協力していきたいと思います。

SNP_0039SNP_0047

 

 

 

 

 

 

毎回協会員全員で手探りながらも確実にパワーアップしているこの大会も、
沢山の協力や後援を頂きここまでやってこれました。
今回もいちき串木野市の濵田酒造株式会社さまのご協力を頂き、協会員一同、感謝しております。
ありがとうございました。

これから夏に向け、海や川での悲しい水難事故等が無い事を願い、
未然に防げるものは声をかけ、マリンスポーツを楽しんでもらえるようにと思っております。

それではまた!
来月はどんなことがお届けできるのでしょうか?夏を満喫して下さいね~~~~(^_^)/

                                                        TOMOEでした。

 

  • かごしま物語 ドラマ放送中
  • グルメ物語
  • 温泉物語
  • かごしま物語 Facebbokページ

Copyright © Kagoshima monogatari All Rights Reserved.